しゃおれんの旅日記

インフラ等は記事を書いた時点のものです。現在の状況はご確認お願いします。

高麗神社に行ってきました

春が来る前に、ひとり古代史愛好会の散策で高麗(こま)神社に行ってきました。

f:id:Xiaoren:20210504192618j:plain

高麗神社

 高麗神社

ご祭神と由来

高麗神社のご祭神は高麗王若光です。

飛鳥時代、唐と新羅の連合軍の侵攻に対し、若光は日本へ援軍の要請のため来日します。しかし、その後高句麗は敗れ国は滅んでしまい、若光は祖国へ帰れませんでした。

高句麗や同じく国が滅んでしまった百済からは、王族だけでなく多くの民も日本へ逃れてきました。(日本が百済復興のために援軍を送り大敗したのが白村江の戦です。)

高句麗から日本に渡り来た人たちは関東に分散して送られていましたが、奈良時代に武蔵の国(現埼玉県日高市)に「高麗郡」が創設され、高句麗王若光が郡長に任命され1799人の旧高句麗人たちとともに開拓に励んでいったとのことです。

その高麗郡の祖「若光」を偲んで建立されたのが高麗神社です。

併せて導きの神猿田彦命、長寿の忠臣武内宿祢命が祀られています。

代々の宮司さんは高麗王若光の末裔で「高麗さん」とおっしゃるそうです。

ご利益

開拓を進めた高麗王がご祭神なので「出世開運」、猿田彦命と武内宿祢命から「正しい道に進める」「健康長寿」のご利益があります。また水天宮も境内にあるので安産の神社でもあります。

アクセス

JR八高線高麗川駅から徒歩20分、もしくは西武秩父線高麗駅から徒歩40分です。

高麗駅のそばには巾着田彼岸花の名所)があるので、季節にはあわせて観光するのも良いですね。

f:id:Xiaoren:20210503222641j:plain

続日本紀」の高麗郡設置の条

韓流ドラマでは、新羅に滅ぼされたのは高句麗(コグリョBC37?-668年)で、「朱蒙」や「ケベク」の国です。

高麗(918-1392年)は別の時代の話で「奇皇后」や「信義」なのだけど、高麗郡というのはなぜなのかしら。

将軍標(チャンスン)

f:id:Xiaoren:20210504193712j:plain

チャンスン

 道祖神のような一対の門、将軍標とも長丞(チャンスン)とも呼ばれています。韓国でも村や寺院の入口にある道しるべや魔除けの役割です。「天下大将軍、地下女将軍」の対ですが、こちらはちょっとお顔の印象が強すぎかも。

 

 多くの植樹

高麗郡の郡長となった若光は郡民を指揮し未開の地の開拓を進めました。近代に至り、この史実に惹かれ、政治家、文学者、歴史家ら多くの参拝者が訪れます。更に参拝後に内閣総理大臣に就任した政治家が相次いだことで、「出世明神」と称されるようになりました。現在では様々な分野で活躍を目指す人々の崇敬を集めております。」

 と高麗神社のサイトにありました。

なので、錚々たるメンバーが植樹をされています。

 

が、かつては高句麗から亡命してきた人々が日本に帰化したという歴史事実を戦前の植民地支配に重ねて、日本への同化政策に利用されたとも。

f:id:Xiaoren:20210504201844j:plain

大韓帝国の皇太子英親王と李方子妃のお名前あり
 本殿

f:id:Xiaoren:20210504204340j:plain

御神門

f:id:Xiaoren:20210504204721j:plain

高句麗神社とあります

こちらの扁額の文字は明治33年に当社を参拝した朝鮮王朝の貴族 趙重応の筆によるものです。

高麗家住宅

f:id:Xiaoren:20210504205920j:plain

高麗家住宅

慶長年間に建てられた高麗家の旧宅です。国の重要文化財に指定されています。

ちょうど梅がきれいな時期でした。立派なしだれ桜があるのですがまだ早かったです。 

水天宮

f:id:Xiaoren:20210504210148j:plain

水天宮遥拝所

高麗神社の中に水天宮?この登り口から急な坂道を登った小山に水天宮があるので、登るのが難しい方はこちらの遥拝所で参拝します。

f:id:Xiaoren:20210504211151j:plain

本殿を足元に見る

こちらの小山、10分ほどで山頂の水天宮につきますが、道が急なので気をつけてください。ご年配の方はお参りするのを悩んでしまっていました。(そのために遥拝所があるんですよー、無理しないで)

f:id:Xiaoren:20210504211330j:plain

山頂には小さな鳥居

f:id:Xiaoren:20210504211408j:plain

こちらのご祭神は安徳天皇

水天宮が山の上にあることもビックリですが、安徳天皇がお祀りされていることも驚きです。なぜ武蔵国に?調べたけど見つけられませんでした。どなたか教えてください。

 

f:id:Xiaoren:20210504220227j:plain

高麗神社のキャラクター

お兄ちゃんはトライくん。妹はミライちゃん。二人の間にいる猫はナビにゃん。蝶のことをハングルで「ナビ」というのですが、猫のしっぽに蝶がついているのはそのせい?

トライくんは看板の「狩猟図」の絵と同じ服装をしています。

高句麗騎馬民族なので馬を乗りこなしています。頭に鳥の羽を飾っていますね。 

 

宗教的な行事だけでなく、国際交流行事なども盛んなようです。

政治はともかく市民レベルで交流して互いに知るということは大事な気がする。

 

参拝してみて

遠くに秩父の山が見えて、現代でもかなりのどかな町でした。

建郡当時はおそらく未開の地ですよね。それをみなで開拓した。祖国が滅んでしまったから戻る場所もないから仕方ないのかもしれないけど、戦争のない場所で新生活を始めるのは希望も多かったのではないかしら。

なんて、いい歳をして希望的妄想をしてしまう。

 

私は日本古代史が好きで、色々調べたりしてみると、奈良時代くらいまでは渡来人(海の向こうから渡り来た人たち)がすごく多いことに驚きます。

「高麗王」に王(「こきし」と読みます)という姓(かばね)を与えたのは奈良時代ですが、百済王(くだらのこきし)と並んで高句麗王という外国の元・王を日本の廷臣としたのは、対外的に日本の優位性を示したかったからです。

高麗王氏は現在高麗氏ですし、百済王氏はその後三松氏と改姓します。

 

平安時代初期の「新撰姓氏録」には「諸藩」に分類された外国起源の氏族が約3割くらいいます。

学問の神様の菅原道真の菅原氏ももとは土師氏という渡来人でした。菅原の地に住んでいたので改姓しました。

古墳時代以前から渡ってきたのか、白村江の戦前後の後から渡ってきた氏族なのかはさておき、起源がどうであれ、日本に住んで日本を一緒に作っていったならみんな日本人でいいんじゃないかなあと思うのは単純すぎですか。

単一民族」ではないと思う。

 

これから、日本は労働力不足で移民を受け入れるようになるかもしれない。

色々な課題もあると思いますが、必要なのでは。

 

余談ですが、

2017年9月に平成上皇(当時は天皇)ご夫妻が高麗神社を私的旅行の一環で訪れています。宮司の高麗文康さんが案内をしたそうで、上皇ご夫妻は高句麗について質問をなさったそうです。

この訪問について、色々憶測が飛んでいます。

私は平成上皇さまのファンなので、批判的な論調を見るとちょっと悲しい・・・

 

 

秩父三社めぐり④三峰神社

またしても緊急事態宣言が発令されました。

先月末に秩父に行けて良かったです。一日も早く収束してまた旅行ができますように。

 

秩父の三社巡りの仕上げは三峰神社です。

こちらはとても強いパワーを持っているそうで、「かなえたいという強い意思を持った人」を応援してくれるそうで、迷ったり悩んだりしている方は秩父神社などの穏やかな神社がいいとも聞きます。

三峰神社は、以前は毎月一日に授与される「白い気守り」が大人気で大混雑するほどでしたが、現在は中止しています。

 

アクセス

車が便利ですが、公共交通機関もあります。西武秩父駅前から西武バスで1時間15分。一日6~7便出ています。

www.seibubus.co.jp

一部道の狭い場所もあるので、車で行かれる方は気を付けてくださいね。

 

私たちがお参りした日は霧時々雨。とても幻想的でした。

前日の長瀞観光が暑いくらいの晴天だったのでとても対照的、肌寒いくらいでした。

というのも、三峰神社は標高1100mの山中にあるのです。

三峰神社のバス停で降りて、お土産屋さん兼食堂が並ぶ参道を進むと三つ鳥居が見えてきます。

三つ鳥居

f:id:Xiaoren:20210424205329j:plain

三つ鳥居

三峰神社は、日本武尊が東国平定の際に伊弉諾尊伊弉冉尊の国づくりを偲んで創建されました。ご祭神は伊弉諾尊伊弉冉尊です。三峰の名前の由来は白岩山、妙法ケ岳、雲取山から来ています。

f:id:Xiaoren:20210424205730j:plain

狛犬ではなく狼

三峰神社では、ご眷属(神様のお使い)として狼を信仰しています。日本武尊の道案内をしたとも言われています。長瀞宝登山神社では山犬が日本武尊を山火事から守ったとされていましたが、秩父の山には山犬や狼が多かったのかもしれません。

ちなみに狼は害獣除け、災難除けのご利益があります。

日本書紀欽明天皇紀にも「おおかみを畏き神」と記しています。おおかみ=大神ということで古代には信仰されていました。

 

前置きが長くなりました。

f:id:Xiaoren:20210424210537j:plain

境内は霧の中

境内を進むと分かれ道。

左に下って行くと随身門、まっすぐは日本武尊像、右手は奥宮遥拝所となります。

f:id:Xiaoren:20210424210825j:plain

霧の中の随身

本殿に向かうのに下って行くというのがちょっと不安ですが下ってください。

f:id:Xiaoren:20210424210923j:plain

朱塗りの色が美しい随身

江戸時代は神仏混交で仁王門でしたが、明治時代に神仏分離令により仁王像が撤去され、随身門となりました。

この門をさらに進むと、石段が現れその上に青銅鳥居が見えます。

f:id:Xiaoren:20210424211048j:plain

大神さまと青銅鳥居

f:id:Xiaoren:20210424211451j:plain

華麗な手水舎

本殿

f:id:Xiaoren:20210424211530j:plain

拝殿が豪華でした

拝殿・本殿ともに漆塗りで豪華な極彩色の彫刻です。拝殿の前、両側になパワーを感じる御神木があり(しめ縄がかかっていました)、御神木の拝所もありました。

f:id:Xiaoren:20210424211620j:plain

拝殿前の御神木

f:id:Xiaoren:20210424211648j:plain

拝殿の後ろに本殿が見えます

龍神

f:id:Xiaoren:20210424214322j:plain

拝殿にある龍神

拝殿のところに「龍」と分かるようになっています。こちらの龍は以前は水をかけると浮かび上がってきましたが、平成24年辰年から常に見えるようになったそうです。こちらの龍神様を待ち受けにするといいとか。

 

三峰神社には摂社末社がとても多いです。

f:id:Xiaoren:20210424214429j:plain

多くの摂社末社が並んでいます

f:id:Xiaoren:20210424211743j:plain

伊勢神宮

f:id:Xiaoren:20210424211809j:plain

祖霊社

伊弉諾尊伊弉冉尊は考えてみれば天照大神のご両親、伊勢神宮三峰神社と縁が深いですね。

日本武尊

f:id:Xiaoren:20210424211933j:plain

日本武尊神社

秩父ではあちこちに日本武尊が感じられます。

f:id:Xiaoren:20210424213315j:plain

巨大な日本武尊

古代に登山道もない風光明媚なこの峯に登るかしらとかはあえて考えまい。

f:id:Xiaoren:20210424213452j:plain

奥宮遥拝殿

奥宮まではしっかり1時間ほど登山する覚悟が必要ということで、たいていの人はここから奥宮を拝んでいました。雲海が見られるとのことですが、この日は霧で奥宮のあるという妙法が岳も見えませんでした。

f:id:Xiaoren:20210424213552j:plain

遥拝殿から随身門までは一直線

所要時間

私たちは御朱印をもらわず、ただお参りだけなので、乗ってきたバス(8:30西武秩父駅前発9:45三峰神社着)から駆け足でまわれば、すぐのバス(10:30三峰神社発11:45西武秩父駅前着)も可能かもしれません。

が、これは本当にもったいない。境内が広いので本当に走って行かないと間に合いません。ただどうしてもお参りしてお守りだけ欲しい人向け。

コロナ禍でなければ渋滞するそうなので、三峰神社の参拝にはゆったりしたスケジュールが大事だと思います。

私たちは11:30のバスで西武秩父駅まで戻りました。時間が余ったのと寒かったこともあり、食堂で暖かいおそばをいただきました。

 

西武秩父駅前祭りの湯

西武秩父駅前に「祭りの湯」という健康ランドがありました。中には入っていませんが、広いお土産屋とフードコートがありとても便利です。

西武線特急券を買い、時間があったので夫さんは秩父の地酒飲み比べ510円をしていました。

f:id:Xiaoren:20210424214641j:plain

秩父利き酒セット

f:id:Xiaoren:20210424215246j:plain

秩父小次郎が好みだそうです

車で行けば、秩父三社巡りも日帰りも可能かもしれませんが、あえて一泊して長瀞秩父観光を楽しみました。我が家の旅行先はほぼ私が決めるのですが(自分の好みだけでなくちゃんと夫さんの好みも考える)、今回も非常に好評でした。

ちょうどブラタモリ長瀞秩父の再放送が最近あって、石(地学)好きの夫さんは嬉しく復習していました。

 

それにしても、ワクチンが普及したら旅行が解禁になるかしら。早く自由に旅行したいーーー。

春日部-牛島の藤を見てきました

f:id:Xiaoren:20210419073856j:plain

色が濃い藤の花

春日部と言えばクレヨンしんちゃんと藤ですよね。

ずっと見に行きたいと思っていました。

春日部在住の友人に会いに行った時におつきあいいただき見に行けました。

「藤花園」です。

ushijimanofuji.co.j

f:id:Xiaoren:20210419074708j:plain

藤の牛島駅

 

東武アーバンパークライン「藤の牛島」駅下車徒歩10分。

私は友人が来るまで駅まで迎えに来てくれたのですが、駐車場は近くのスーパーの一部に無料で停めることができます。

入園保存料は大人1000円、子供500円。(規模からするとちょっとお高いかなぁ)

 

f:id:Xiaoren:20210419074746j:plain

入口はシンプル

f:id:Xiaoren:20210419074904j:plain

特別天然記念物です

f:id:Xiaoren:20210419075013j:plain

樹齢1200余年の藤

残念ながらこの日(4/17。開園当日に張り切って出かけてしまった)はお天気が悪く写真映えがしないのですが、藤棚は圧倒されます。

聞けば、藤は「鬼滅の刃」に出てくるとか。

牛島の藤のサイトの由来にも、娘の病気を藤が治す話が出てきます。

藤波のたなびく様子ってなんだか癒されますよね。

f:id:Xiaoren:20210419075339j:plain

天然記念物の藤

都内では藤がすっかり散ってしまっているところもあったので、この日に来たのですがまだちょっと早かったみたいです。

房の先のほうはまだつぼみでした。

f:id:Xiaoren:20210419075505j:plain

空が曇りなので接写です

ここからは私の拙い写真で申し訳ございません。

どうか皆様はご自分で素敵な景色を見て、写真を撮ってきてくださいませ。

f:id:Xiaoren:20210419075630j:plain

房の先はまだつぼみ



f:id:Xiaoren:20210419075656j:plain

日の当たり方で開花状況が違いました

f:id:Xiaoren:20210419080256j:plain

気品のある紫といった印象

f:id:Xiaoren:20210419075810j:plain

桃色の房の短い藤

この藤は可愛らしくて好みです。

f:id:Xiaoren:20210419075940j:plain

ほんのり頬を染めた感じ

藤の花って大人っぽい印象なのですが、こちらの花は少女のイメージです。

f:id:Xiaoren:20210419080150j:plain

こちらはすっきりした色

友人曰く、「いつもはもっと混んでいるのよ」とのこと。

まだ初日で天気も曇り空で五分から八分咲きといったところが良かったのでしょうか。すぐに出るにはちょっとお高い入園保存料だったので、花を見ながら友人とベンチでおしゃべりしていました。

 

お土産は紫芋入りのうどんなど種類が豊富なのですが、今年はクッキーはやっていないとのこと(友人が楽しみにしていたのに残念)。

 

開花状況などは園のサイトをご確認ください。

こぢんまりとしていて、藤の花を見るのに良いですよ~。

 

秩父三社めぐり③秩父神社

秩父三社は宝登山神社秩父神社三峰神社です。車なら一日で周ることも可能ですが、私たちは電車で行って、秩父に泊まり昼から飲みながら(私は飲めないですが)ゆるくお参りしてきました。

朝から宝登山神社聖神社にお参りし、次は秩父神社です。

秩父神社

秩父三社の2つめ。

f:id:Xiaoren:20210403214054j:plain

秩父駅から歩5分

ご祭神は、八意思兼命(やごころおもいかねのみこと:政治・学問・工業・開運の神)、知知夫彦命ちちぶひこのみこと:知知夫國最初の国造、秩父地方開拓の祖)、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ:北辰妙見(北極星を神格化)武運の神様)、秩父宮雍仁親王ちちぶのみややすひとしんのう)です。

ご利益としては開拓とか学業成就などの神さまということですが、色々調べてみると、秩父三社の中では「どんな願いでもかなえてくれる」という穏やかな神社とのこと。

こういうオールマイティな神社っていいですね。

確かに境内には摂社末社も多くぐるりと回るとあらゆる願いが叶いそうです。

f:id:Xiaoren:20210403215240j:plain

手水舎も豪華

 

そして、こちらは左甚五郎の彫刻が有名です。

f:id:Xiaoren:20210403214640j:plain

権現作りの本殿

f:id:Xiaoren:20210404070403j:plain

本殿は家康が建立

f:id:Xiaoren:20210404070447j:plain

秩父って本来は知知夫と書くのですね

本殿の周囲に彫刻がたくさんあるのですが、一部修復中で見られない物もありました。

子育ての虎

f:id:Xiaoren:20210404070609j:plain

子育ての虎

狩野派の彫刻では虎の中に豹を一匹入れるそうで、こちらでは子育てしている母虎になっています。以前テレビ番組で「江戸時代の人は雄が虎で雌が豹だと思っていたので対で描かれている」と見ましたが、左甚五郎もそう思っていたのかしら。

 

この彫刻の説明書きの最後に載っていた言葉が秀逸でした。

「親の心得

赤子には肌を離すな 幼児には手を離すな 

子供には眼を離すな 若者には心を離すな」

子ども時代が過ぎたら放っておきがちですが、子供時代をすぎた若者にも信頼というか心が寄り添うことが大事ということですよね。

といいつつ私には子供がいないので親の心得と言われても・・・ですが。

お元気三猿

f:id:Xiaoren:20210406204422j:plain

お元気三猿は修復中でした

日光東照宮は「見ざる言わざる聞かざる」ですが、こちらは「お元気三猿」といって、「よく見てよく聞いてよく話す」です。わちゃわちゃしていて可愛らしいですよね。

修復中で彫刻は見られなくて、上の写真は説明書きを撮ったのですが、絵馬も可愛かったです。

f:id:Xiaoren:20210406205030j:plain

かわいいお元気三猿絵馬

北辰の梟

f:id:Xiaoren:20210406205115j:plain

北辰の梟

彫刻は小さくて目をこらして見ました。写真も望遠で撮影。

f:id:Xiaoren:20210406205143j:plain

こちらの神社の説明書きはどれも丁寧

つなぎの龍

f:id:Xiaoren:20210406211257j:plain

修復後公開されています。色が鮮やか

「天が池」という池の龍が暴れたときにはこの彫刻の下に水たまりができていたことから、この彫刻の龍を鎖でつなぎとめたところ龍が暴れなくなったという伝説があります。

龍は水神のイメージにつながるのですが、こちらの神社の説明書きには四神の話が書かれていて東北(表鬼門)を守る青龍を左甚五郎が作ったと書かれていました。

 

さらには、

「このつなぎの龍の特製絵馬を各ご家庭の居間や東北の角にお祀り頂き、ご家族皆々様のお幸せをどうぞお祈りください」とあったので、新居に飾ろうと絵馬を購入。

 

f:id:Xiaoren:20210406211139j:plain

絵馬を買いました


お札やお守りを売っている授与所は夕方5時までが営業時間のようですが、私たちが行ったのは時間ギリギリで、絵馬を頂いて写真を撮り終わったのは5時10分前でしたがすでにガラス戸が締まり営業終了していました。
先に絵馬を買っておいて良かった。

 

一日で宝登山神社(火災除け)と聖神社(金運アップ)、秩父神社(万能のご利益あり)ととっても運気が向上したような気がします。(←節操がない)

神社はどこも木が多くて、良い気が流れているように思うので行くだけでも良い感じがします。さらにこの日は、暖かく散策も楽しかったです。

 

「居心地の良い宿 コンフォートステイみやび」

この日の宿はもとワンルームマンションを改築したビジネスホテル「コンフォートステイみやび」

 

f:id:Xiaoren:20210403194047j:plain

フロントにはアメニティ、珈琲サービスあり、電子レンジもありました

f:id:Xiaoren:20210403195610j:plain

シモンズのベッドが部屋に鎮座するツインルーム

ワンルームマンションなのでベランダもあり、小さなキッチンもあったりして長期滞在も可能。(ロビーにランドリーもあります)

f:id:Xiaoren:20210403201501j:plain

キッチンはこんな感じです

素泊まりだったので、夕食は外で、夜食は部屋飲み。翌朝は部屋でコンビニご飯にしました。

緊急事態宣言が解除になったとはいえ、時短営業を課せられている時期でもあり、駅前も夜はひっそり。外で軽く食べてコンビニに行ってしまいました。

我が家は旅先の食事が適当で、レストランなどの紹介ができないのが残念です。 

秩父三社めぐり②聖神社

桜はまだ五分咲きでしたが、秩父三社巡りは暖かい日差しの中気分もあがり楽しかったです。秩父神社へ行く前にもう一か所行きたい所がありました。

宝登山神社長瀞の岩畳を観光した後、上長瀞駅から和銅黒谷駅へ。

 和同開珎

日本で最初の硬貨が「和同開珎」だと習ったのは昭和の子供。今は富本銭が最初らしいですね。流通したかという点では和同開珎だそうですが、それも流通と言えるレベルなのかどうか。でもそんなことはいいのです。

今回秩父に旅行するにあたって、来たかったのはこちらの和銅遺跡。

和同開珎の鋳造に際し、武蔵の国からニキアカガネ(純度の高い自然銅)が発見され献上されたとか。

そもそも唐にならって貨幣鋳造の計画はあって、銅の発見はきっかけにすぎないとか吉祥となって計画が進んだとか諸説あります。

和銅黒谷駅につくと、ホームにあるのはこちら。

f:id:Xiaoren:20210402213808j:plain

ホームにある「和同開珎」のオブジェ

私は「わどうかいほう」と習ったのに、説明書きは「わどうかいちん」になっていました。

「和同開珎」の「珎」は「寶」の異体字のはずなんだけど・・・

 

聖神社

駅を折りてまず向かったのは聖神社です。

f:id:Xiaoren:20210402214032j:plain

駅から歩8分くらい

f:id:Xiaoren:20210402214106j:plain

金運アップにご利益ありの神社です

f:id:Xiaoren:20210402215246j:plain

拝殿の前に和同開珎

こちらには神寶として、創建当時採掘された自然銅の塊と元明天皇から下賜された銅の百足があります。(公開していません)

 

金運アップにご利益があるということで宝くじ当選やビジネスの成功の祈願などに訪れる人が多いそうです。境内にも宝くじの高額当選のお礼などがたくさんありました。

私は宝くじは買わないですが、自営業(大家さん)がうまくいくように祈願しました。

 

和銅遺跡

聖神社から少し坂を上ってから林の中を下って行くと和銅採掘跡の和銅遺跡があります。今は和同開珎の大きなモニュメントと地名を表す掲示板しかありませんが、当時の景色を見るために行ってみます!

 

と、ここで一緒に歩いていたはずの夫さんの歩みがスローモーションのように遅い。車をよけて私の後ろにいるのかな?と思っていたけどそれにしても遅すぎる。

「どうしたの?」と聞くと「猛烈に眠い」という。ここへ来る前に長瀞で昼ビールして、ほどほどに歩いて疲れたとか。歩きながら寝るかと思うくらい遅かった(笑)

 

f:id:Xiaoren:20210402220626j:plain

和同開珎のモニュメント

このモニュメントのそばに銅の採掘現場跡がありますが、今となってはただのせせらぎです。

f:id:Xiaoren:20210402221044j:plain

採掘場跡とありますが・・・

f:id:Xiaoren:20210402221200j:plain

どうねんぼう

銅の洗い場だった場所で地名として残っています。

 

こんな感じでさらっと参拝をすませ、次は秩父へ移動。

和銅黒谷駅秩父三社のラッピング電車を見ました!

f:id:Xiaoren:20210402221649j:plain

三峰神社が描かれています

三峰神社はこの翌日に参拝予定でした。

 この日はこの後秩父神社に参拝後、秩父駅そばで宿泊予定でした。

桜咲きはじめ長瀞旅行・秩父三社めぐり①宝登山神社

新規感染者数は劇的に増えていて心配ですが、緊急事態宣言が解除になったので夫さんと小旅行してきました。

 宝登山神社

長瀞駅を降りて山のほうへ。まず宝登山神社に参拝です。

f:id:Xiaoren:20210331213024j:plain

駅前に白い鳥居がばばーんと

f:id:Xiaoren:20210331213330j:plain

桜は3分から5分咲き

参道の桜はまだ満開ではないですが、この日は暖かく気分があがります。

有名な阿佐美冷蔵には寄らずまっすぐに宝登山神社を目指します。

宝登山神社の由来)
第12代景行天皇の皇子日本武尊が東国平定の際に、麓の泉で禊をされ、山頂に登っていたときに山火事にあって絶体絶命のときに、山犬たちが現れて火を消し止め山頂まで案内してくれたことに対し、尊が神がご眷属の山犬を遣わして救ってくれたと感謝して山頂に神薙を建てて神武天皇・山の神・火の神を祀ったことに由来します。

後世、麓の泉から宝珠が飛翔する神変から火止山(ほどさん)から宝登山に改められたそうです。

(ご利益)

火災・盗難除け、家内安全、商売繁盛

 

f:id:Xiaoren:20210402161946j:plain

白い鳥居

金の飾りもついていて立派な感じ。

f:id:Xiaoren:20210402162025j:plain

権現作りの拝殿

江戸時代末から明治初期に作り替えられた権現作りの御社殿です。

f:id:Xiaoren:20210402165956j:plain

彫刻の彩色が鮮やか

f:id:Xiaoren:20210402170117j:plain

長坂坡の趙雲

f:id:Xiaoren:20210402170206j:plain

赤兎馬に乗る関羽

 

社殿には24孝や出世話が題材の彫刻があるのですが、説明を読んでも今一つピンとくる話がない・・・

f:id:Xiaoren:20210402165708j:plain

日本武尊のみそぎの泉

本殿の後ろにあります。硬貨を投げ入れると泉質に悪影響があるので投げ入れないようにの注意書きあり。

f:id:Xiaoren:20210402165852j:plain

泉はこんな形

四角く整えられていることもあり、日本武尊はお風呂に入ったの?と思ってしまう。

 

f:id:Xiaoren:20210402170419j:plain

宝登稲荷神社

境内には本殿だけでなく、稲荷神社、天満神社、水神社などなどあります。

こちらのお稲荷さんは、失くしものをしたときにお参りすると出てくるそうです。

 

ロープウェイで奥宮へ

f:id:Xiaoren:20210402170620j:plain

約5分の空中散歩

土日は15分ごとの運行なのですが、この日は混んでいて臨時便も出ました。桜がちらほら咲いていて暖かくてとても気分が上がります。

ロープウェイなら5分で山頂駅につきますが、遊歩道を歩いて登れば約50分です。

f:id:Xiaoren:20210402170900j:plain

奥宮

山頂駅から少し歩いてさらに階段を登ると奥宮です。

f:id:Xiaoren:20210402170957j:plain

奥宮の鳥居

f:id:Xiaoren:20210402171500j:plain

狛犬ならぬご眷属の山犬

f:id:Xiaoren:20210402171528j:plain

山犬も阿吽の呼吸

 

山頂は奥宮から歩2分。ここにはハイキングの方たちがたくさんいました。

f:id:Xiaoren:20210402171616j:plain

人がいなくなった一瞬の隙をついて

山頂は少し広くなっていて、多くの人がお弁当を食べたりして楽しそうでした。 

f:id:Xiaoren:20210402171411j:plain

秩父市街がよく見えます

f:id:Xiaoren:20210402171726j:plain

桜と飛行機雲

宝登山は蝋梅園や梅園もあったり、つつじやしゃくなげなど季節の花がたくさん咲くそうです。行った時は梅と蝋梅は終わってしまって、桜がちょっと早いかな、という感じでした。

小動物園もありますが、子供連れではないので興味がなくこのまま下山。

f:id:Xiaoren:20210402171916j:plain

レストハウスの横に下山道があります

遊歩道をゆるゆる降りていくこともできますが、ショートカットもできました。ただし、そちらはスニーカーではないと危ないです。雨上がりはぬかるみそうなので自己責任でお願いいたします。

 

お昼は秩父名物

f:id:Xiaoren:20210402172124j:plain

ガーデンハウス有隣で秩父名物ランチ

f:id:Xiaoren:20210402172958j:plain

わらじかつどん

わらじのように大きなカツが2枚(お店によって枚数は違うようです)。甘いソースで味付け。卵でとじてないカツ丼はカツがサクサクしていいかも。

f:id:Xiaoren:20210402173113j:plain

炙り豚みそ重

味噌が甘めのあじつけで美味しかったです。

わらじかつ丼もみそ重も二人でシェアしながら食べるのがちょうど良い感じでした。ボリュームがあるので女性一人で完食するには少し重いかもしれません。

 

岩畳

食後は駅の向こうの荒川へ。

川へでるまでの通りも飲食店やお土産物屋さんがたくさんでいかにもな観光地です。緊急事態宣言が解除になったばかりでみな出かけてきたんですね(我が家もですが)

f:id:Xiaoren:20210402173531j:plain

ライン下りは大賑わい

有名な長瀞ライン下りは大人気。

岩畳も人が多かったです。鉱物好きな夫さんは石も好きなので、「この石は・・・」と観察に余念がなかったです。長瀞ジオパークに指定されていました。

秩父赤壁といわれる断崖もありました。

f:id:Xiaoren:20210402173749j:plain

おそらくこのあたり

宝登山神社から長瀞駅に戻る途中でセブンイレブンがあったので缶ビールを買った夫さん。東屋で楽しい昼ビール。

その後は上長瀞駅まで岩畳沿いをお散歩。岩畳のそばは人が多かったですが、少し離れるとぐっと人も減りソーシャルディスタンスもしっかり確保。

f:id:Xiaoren:20210402174127j:plain

小滝の瀬

少し流れの速いところもありました。ライン下りの人たち以外にもカヌーやラフティングなどもできるようです。そういえば私も昔友達とラフティングをしに来たような・・・

f:id:Xiaoren:20210402174504j:plain

結晶片岩

みどりの片岩の間に白く透明な石英が・・・とか話ながらの散策。目で見たときはもっときれいに見えたのに、私のカメラの性能が悪いのかあまり綺麗に見えないのが残念。ぜひ自分の目で確かめてください。

f:id:Xiaoren:20210402174729j:plain

竹林と桜

 どうも写真が下手で、景色の良さが伝わっていないのですが、景色がよくてとても楽しかったです。

やっぱりお出かけって楽しいですね。

まるで台湾?!五千頭の龍が昇る聖天宮へ行ってきました

コロナ禍で海外旅行に行けない日々。

そんな中日本にいることを忘れてしまう非日常空間が埼玉県坂戸にありました!

「五千頭の龍が昇る聖天宮」です。

私が利用している旅行記サイト「トリプル」で紹介されてからずっと気になっていました。

triptriple.com

 

行き方と由来

東武東上線若葉駅から徒歩25分くらい。

もしくは川越駅若葉駅からバスで「戸宮交差点」バス停下車歩3分くらい。

 

こちらは道教寺院です。台湾の康國典大法師という方が、不治の病になったところ、道教の「三清道祖」という三神を信仰したところ完治したので、そのお礼と皆にも神様のご利益を分けたいということで寺院を建てたいと思っていたところ、台湾ではなく日本のこの地に建てよ、というお告げがあったので15年の歳月をかけて完成しました。

この地には最寄り駅もなく、雑木林の造成から初めて、一流の宮大工たちを呼び寄せて作ったそうです。

超絶技巧のオンパレードと、キラキラした空間に台湾の道教寺院にいるみたいです。

誰でも参拝できます。(参拝料500円かかります)

予約制ですが、コスプレ撮影もできるようです。

 

前殿

行きはバスで行きました。

突然何もない空間にどーんと現れます。

f:id:Xiaoren:20210322131807j:plain

天門・前殿・本殿と黄色の瓦屋根と龍がきらめいています

思わず「ふふふ」と笑ってしまうほどの大迫力。

f:id:Xiaoren:20210322130309j:plain

青空に映える黄色の瓦

入口で参拝料500円を支払い中へ入ります。

f:id:Xiaoren:20210322132026j:plain

すごい彫刻の数々

f:id:Xiaoren:20210322130452j:plain

九龍柱

一本の石の柱から何層にも彫り込んでつくってある九龍柱。九は永久の久ということで縁起の良い数字。

f:id:Xiaoren:20210322130418j:plain

入口の彫刻がまたすごい

f:id:Xiaoren:20210322132134j:plain

四大天王

f:id:Xiaoren:20210322132208j:plain

四大天王

金ぴかと赤と石と、こういうのって私の中華文化圏のイメージです。

 

前殿にある台湾おみくじ

f:id:Xiaoren:20210322132325j:plain

天井は釘を使わず組んでいます

 

f:id:Xiaoren:20210322132414j:plain

こちらの天井も

よく見ると一つ一つに神様がいます。

f:id:Xiaoren:20210322132452j:plain

こういった緻密さがアジアっぽい

天井ばかり見ていたら、前殿には台湾おみくじがありました。

f:id:Xiaoren:20210322132702j:plain

まず、籤竹をひきます

その番号を覚えておいて、陰陽の神椑を投げて、陰陽が出ればその番号のおみくじを引いて良し。陽陽の場合は許可待ちなので投げ直す、陰陰の場合は籤竹を引き直し。

f:id:Xiaoren:20210322133034j:plain

一度目は陽陽だったので投げ直し、二度目で許可出ました

f:id:Xiaoren:20210322133139j:plain

番号の引き出しからおみくじを頂きます

二度目で陰陽が出たのですが小吉という微妙な判定に結んで帰りました。台湾おみくじは書かれていることが大事なので持ち帰っても処分してもいいそうです。

 

本殿

f:id:Xiaoren:20210322133222j:plain

九龍網

こちらも一枚の岩から掘り出されている九龍網。

本殿では中での写真撮影は禁止ですが、離れて撮る分にはOKです。

まずガイドさんが建物について説明してくれます。

f:id:Xiaoren:20210322133447j:plain

本殿の天井も釘なし

f:id:Xiaoren:20210322133547j:plain

ご本尊の三清道祖(最高位の三神)

台湾のお参り

ガイドさんにお作法を聞きながら、お線香をあげてみました。

台湾のお線香は供養のためではなく祈願のためにあげるそうです。

お参りするときはお線香を持ったまま膝まずいて(心の中で)

①神様に自己紹介(〇〇に住んでいる◇◇です、△才ですなど)

②お願いことを言う(三神の徳が高いからたくさんお願いしてもOK、そしてなるべく具体的に伝わるように言う)

③お線香を捧げる

④膝をついてお辞儀を12回(女性は手の平を上にして、男性は手の甲を上にします。よく韓流ドラマでお参りしているときに手の平を上向けにしてお辞儀をしているあの感じです)

台湾のお線香は長いので、長くお願いしていても危なくないですよー。日本のお線香だったら長くお願いしていたら燃え尽きちゃいますよね。

一人だったので、参拝の様子は写真はありません。

 

お供えの食事も、何かを神様の御前に持ってくるのが大事だそうで、すぐに下げて食べていいそうです。(台湾の学生はお弁当を神様にささげてその後すぐに食べると言っていました)

 

ガイドさんは親切です

f:id:Xiaoren:20210322134410j:plain

屋根の飾り

屋根の上に龍だけでなくたくさんの神様らしき人がいるのですが、中には馬に乗って戦っているような人たちも・・・

f:id:Xiaoren:20210322134539j:plain

こういった山のような飾りもたくさんあります

本殿のガイドさんに「この馬に乗っている方たちは闘っているのですか」と聞くと、わざわざ事務所に「質問を受けましてー」と問い合わせてくれました。

なんでも、馬に乗っているのは武の神様だけど闘っているのではないそうで、周りにいるのは仙人たちだそうです。

ありがとうございました。

武の神様とゆかいな仲間たち風ですね。

 

鼓楼と鐘楼

f:id:Xiaoren:20210322134908j:plain

陰鼓

「太陽が沈む西側にあり、終わりを表す。陰からまた陽に転じる。」ガイドにありましたが、なんだか全て前向きで良いですね。鼓楼から見る景色がまた良いです。

f:id:Xiaoren:20210322134951j:plain

屋根の飾りを近くから見られます

f:id:Xiaoren:20210322135025j:plain

目線が変わると面白い

f:id:Xiaoren:20210322135107j:plain

陽鐘

「陽鐘は太陽が昇る東側にあり始まりを表す」道教は陰と陽が大事なのですね。

f:id:Xiaoren:20210322135148j:plain

願いを書く赤い布(陽紅布)

陽鐘の下には願いを書く赤い布があってこちらを奉納することもできます。鐘も鼓もすごい音のようなので注意書きがありました。

休憩所の自販機

f:id:Xiaoren:20210322135349j:plain

タピオカミルクティー

休憩所にはお土産の缶バッヂや台湾ドリンク、スィーツの自販機がありました。

タピオカミルクティーの缶は飲み口が小さめで、初めにミルクティーを飲んでしまうと最後にタピオカを飲み残すというコーンスープ缶あるあるのような羽目に。

 

緊急事態宣言は解除になったとはいうけれど、なかなか海外には行きにくいですよね。

国内も人込みをなるべく避けながら、それでも少しずつ出かけて行きたいと思います。