しゃおれんの旅日記

インフラ等は記事を書いた時点のものです。現在の状況はご確認お願いします。

お姉さんたちとソウル旅♪3日目は国立中央博物館に

この日はゆっくり観光する予定なのでしゃおれんは朝ラン。
清渓川沿いを軽く東大門あたりまで往復。
昨夜の喧騒が嘘のように静か。
のどかに散歩するご夫婦やランナーもいる。
 
 
イメージ 1
 
ホテルの中の「松竹」でお粥。店内はブッフェもありましたが、
それは別料金のようなので、食後の珈琲は外へ。
一人のお姉さんは朝は珈琲を飲まないと始まらないそうなので、
ホテルのそばのAngel-㏌-uscoffeeで朝の珈琲タイム。
 
 
9時半頃ホテル発
今日は、国立中央博物館の見学です。
市庁駅(1番線)龍山駅乗換(4番線)二村駅へ国立中央博物館10時頃から見学。
 
見応え十分なこの博物館がなんと無料♪
日本ももっと文化事業にお金を使ってほしいなあ~。
 
お姉さんたちは音声ガイドを借りるのに身分証が必要ということで、
パスポートをホテルの金庫に入れてきたため、
たまたま持っていた写真付きの社員証で借りていました。
 
中は自由行動にして、私は見たかった絵画のフロアと仏像のフロアへ。
今まで朝鮮の絵画には興味がなかったけど、
「風の絵師」というドラマを見てから金弘道と申潤福の絵を見たいな~と思っていたので。
しかし、ドラマで見たような絵は見当たらない。
確かあるはずなのにな・・・と思いながら、
スタッフに聞くと「小さい絵が少しだけある」とのこと。
教えられた部屋に行くとありました。
まさに「小さい絵が少しだけ」でした。
イメージ 2
金弘道の絵。金弘道(檀園)の描く人物のほうが表情が柔らかい。
 
イメージ 4
 
申潤福(蕙園)の絵。これでは分からないけど、恵園の方が人物の目がきつい印象。
檀園の「舞童」や蕙薗の「剣舞」の絵が見たかったな~、残念。
 
 
 
イメージ 3
 
仏像コーナーは、今回は半跏思惟像はこちらが展示してありました。
 
前に来た時はこちら。(これは広隆寺弥勒菩薩にとてもよく似ています。) 
イメージ 5
ネットを見ると交代で展示されているようです。これで両方見られて良かった。
 
イメージ 8
 
こんな青磁欲しいな~。焼き物のところはいつも「買うならどれがいいか」を考えつつ見てしまう(笑)
 
イメージ 9
英祖の御真(肖像画)。肖像画の原則(正面から左右対称に描く等)と違うから本当の意味の御真ではないかもしれないけど。お姉さんと「イ・スンジェさんに似てるかも~(笑)」と盛り上がる。
 
 
この日は、2日目ほど暑くはなかったけど、やはり室内で空調の効いたところで見学するのは楽ですね~。
 
お昼は博物館内のフードコートでランチ。
席は多いので座れないことはないと思いますが、
ハングルと英語メニューで写真も無いので適当に類推して、
レジでハングルで注文しないといけないのでちょっと大変かも。
私は紙に書いて丁寧に発音したつもりだったけど、
発音が悪くて聞き返されたりして少しへこみました。
イメージ 6
 
お姉さんの一人がドラマでよく見るジャージャー麺を注文したけど、
この味は正解?!と思うようなお味にガッカリ。
このお店がたまたまこういう味なのか、それとも全部がこんな味なのか?
興味のある方はお試しください。
私は無難に冷麺。普通においしかったです。
他のお姉さんたちの野菜ビビンパ、写真を撮り忘れたけど美味しかったようです。
 
 
午後は、昌徳宮を見学。世界遺産の宮殿。
 
イメージ 7 
 
イメージ 10
 
やはり、セットとは違う迫力がありますねぇ(当然だけど)
この頃から曇りだして涼しかったので屋外の見学も楽でした。
 
 
 パンフレットは500w。チケット売り場で買うようです。
宮殿内の説明パネルは、ハングルと英語のみ。
歴史用語のハングルよりは英語のほうがまだ分かると
懸命に読んで「ここは外国使節と会う場所らしいですよ~」とか言っても、
お姉さんたちあまり聞いてない~。
ま、熱心に聞かれると適当に訳しているのがバレてしまうから、それでもいいのだけど。
 
着いたのが3時前くらいで、秘苑の日本語ツアーは終わってしまっていたので、宮殿だけを見学。
それでも、連日たくさん歩いているので、お姉さんたちはお疲れ模様。
 
の、はずが
 
ロッテマートに着いたらとたんにイキイキ。
1時間半の買い物時間を決めたら、みな籠を持ってサクサク歩いていきました。
 
去年、ここでお姉さんたちが勝手にいろんなところに行ってしまい、
回収するのが大変だったので
今回は「いいですか!6時集合ですよ。遅れたら置いていきますからね!」と厳しく言い渡す。
(帰宅後、師匠(夫さん)に話すと、「職場のボスたちになんて言いぐさを」と驚かれる。)
 
集合したらみな大荷物(笑)
でもね、いつも行かないスーパーって楽しくてつい買ってしまうって気持ちが分かるわー。
その夜の荷造りはとーっても大変だったけど。
 
 
大荷物をホテルに置いて、夕食は明洞で食べることにして歩いていく。
イメージ 11
 
イメージ 12
 
 
「明洞餃子」でマンドゥ(蒸餃子)とカルグクス(うどん)。
美味しいけど、量が多かった~!お姉さんたちは一人分を完食できないのでした。
 
この後、マッサージの客引きの人に連れられて、足マッサージを。
(ナンタ劇場ビル7階にある「プラチナマッサージ」という店です。客引き多かったな~)
連日の疲れが癒され良かったです。足裏、ふくらはぎのリンパマッサージだけでなく、
肩や背中もちょっとついてて、パラフィンパックもしてくれて30,000wだったのを
5人いるからって28,000wにしてくれて。
50分くらいだったから、お得な感じがしたけど相場っていくらなのかな?
 
明日はいよいよ最終日。淋しい~、と思いつつ仕事の方も心配に・・・
(しゃおれんはパート事務員なので気楽ですが、今回参加したお姉さんの一人は実は正社員さんだったので。「今年で最後(定年)だから好きにやらせてもらうわ~」なんて言いつつも、
同じ課の社員さんへのお土産をしっかり用意していたのを知ってる)
「日常に戻るの嫌ねぇ」なんて口では言ってるけど、日常があってこそのご褒美だものね。