しゃおれんの旅日記

インフラ等は記事を書いた時点のものです。現在の状況はご確認お願いします。

お姉さまたちとソウル旅行 その4 ロケ地巡りお次は水原へ

次に華城行宮へ。正祖が父思悼世子のために3年かけて作った別宮です。
 
 
イメージ 11
 
「イ・サン」でその建設の様子が陰謀交じりで出てきましたよねぇ。
行幸の時に漢江をわたるために船で橋を渡すというのも印象的でしたね。
さらに、この宮は「チャングムの誓い」のロケ地でもあり、
ふふふ「イニョン王妃の男」のロケ地でもあるのですよ。
 
イメージ 12
 
ここでも、正祖の居室に壇園の絵の屏風
(もちろんレプリカ。この壇園とは「風の絵師」でパク・シニャンさんが演じていた。
朝鮮一の絵師)に大騒ぎ、
チャングムのような見習い女官たちの人形に大騒ぎ、
 
イメージ 1
 
思悼世子の米櫃に入ってみたり、(ピースサインは不謹慎ですよね?)
イメージ 13
 
月曜に行ったので閑散としてたので騒いでいても問題なく、
私は私でまたもロケ地めぐり写真を撮っていたのでした。
以下、分かる人にしか分からない記述が続きます。
 
「景龍館」ヒジンちゃんがブンドに初めて会ったシーン。ドーナツ持っていくんだった~。
イメージ 2
 
「長楽堂」ヒジンちゃんがIpodを借りて朝鮮王朝実録でブンドの消息を調べるシーン。
残念ながら、あの壇には座れませんが・・・
 
イメージ 3
 
そして、なんといっても駐車場。
ブンドが家宝の刀を売って車を買い、ヒジンちゃんにプレゼントするシーン。くくく。
 
イメージ 4
いやあ、楽しかった~。
他にもチョイチョイ、あ、この建物出てきたんじゃないかな?と思うところアリ。
この写真もドラマでヒジンちゃんとドンミンがふざけるシーンで出てきた気がするんですが・・・
 
イメージ 5
それから、駐車場から階段を上っていく。
目指すのは、上の写真の矢印の西将台。八達山の頂上にあります。
 
犬の散歩で毎日歩いているお姉さんは楽勝でしたが、
日頃全く運動しない方が休み休みで「あぁ~、あさって筋肉痛になる~」と悲鳴。
 
イメージ 6
 
叱咤激励しながら西将台に到着。足下には行宮が見えるし、水原が一望できて最高の眺め。
ここから、八達門のほうまでゆるゆるお散歩。最後には急な階段を下りて観光終了。
「ここがイ・サンの場所かと思ったらすごく楽しかった~」と言ってもらえたし、
私もロケ地の現場検証していたので楽しかった~。
 
イメージ 7
 
惜しむらくは、ヒジンちゃんとブンドが行った図書館は
成均館大学の水原キャンパスにあるそうなのですが、
生徒ではないと入れないそうなので割愛。ここでのシーンも好きなのになぁ~。
あ、あと時間の都合で駱山公園に行けなかったのが残念。
ま、あの赤い公衆電話はドラマ用の仮設らしく今行っても無いようですけど。
 ※後日修正
 赤い公衆電話のある思い出の公演は、清雲公園とのことです。
以前の情報が間違いだったみたいです。すみません。

イメージ 8
疲れたので八達門近くのカフェで休憩。大きなパッピンスをみんなで分け合いつつ食べる。
私たちはいい大人なので、小皿をもらってそれぞれ取り分けて食べたけど、
若い子たちはスプーンで食べさせあってるものねぇ。
甘さ控えめの餡ときなこ、ナッツが入っていて、練乳とフルーツもあって、
頭がキーンとならない程度の氷の固さに疲れもとれます。おいしかった~♪
 
 
城壁に上るのはちょっと大変だけど、替わりに龍の列車に乗って雰囲気味わうのもいいかもです。私たちは乗らなかったけど。本数が少ないのと往復となると結構時間をとられるので。
イメージ 10
 
ソウル駅に戻ったらロッテマートでお土産の最終仕上げ。
3泊4日のソウルで大きなスーツケースが必要になる理由が分かりました(笑)
むしろ、お姉さまたちの買いっぷりに恐れをなしていつにも増して買わなかったかも。
(友人たちもソウルリピーターが多くて、何を買っていいか分からないというのもあり)
 
夜は光化門そばの「正統参鶏湯元家」へ。
イメージ 9
ここは一羽ではなく半羽分の参鶏湯が食べられるので、もう若くない私たちにはぴったり。
半鶏湯は7000Wです。
ビジネス街にあるので昼は混むようですが、夜は空いています。
優しい味だけど肉は柔らかくぺろりと行けます。甘塩と胡椒を小皿にとって、
お肉を食べるときにちょっとつけて食べました。とてもおいしくて大満足。
 
夕食後は、光化門の前のライトアップを見て清渓川の遊歩道を通ってホテルへ戻る。
イメージ 14
 
ここももちろんロケ地ですよ~。最初のあのシーンです。
 
イメージ 15
 
いいですねぇ~(笑)
  
そして、夜ホテルでは「火の女神ジョンイ」というムン・グニョンちゃんが演じる陶磁器の職人のドラマを見る。当然ながら字幕が無いので意味が分からないのだけど、なぜ見たか?
それはジャジャーン。
 
イメージ 16
 
コニョンさんが出演してるからなのですねぇ。
しかし、いい役なのか、敵役なのか分からず。
早く日本でも放映されないかなぁ~。
 
今回は、韓国なのに焼肉もマッコリも無し。師匠は昼からマッコリか焼酎飲むのに大違い。
お姉さんたちは量もあまり食べられない。
それに付き合ってたのと、韓国料理店には毎回ナムルのような野菜おかずとキムチが付くので、お腹いっぱい食べたはずなのに、胃もたれ無し。
ランニングもしたし、毎日相当歩いたし、体がかえってスッキリしたかも~。
 
お姉さんたちは初めてのソウル(かつ、かなり久しぶりの海外)を、
フリーで過ごせたのが楽しかったらしく、相当喜んでもらえました。
お買い物もかなり楽しんでたし。
私も、自分が楽しいとかおいしいと思ったものを喜んでもらえたので嬉しかったです。
(無反応な父より手ごたえあって)
ハングルも結構通じたような気がして楽しかったです。
もしかしたら、第二弾あるかも?
もう少しハングルも頑張って、ほかのご用命にもお答えしたいな~。
しゃおれん旅行社がんばりまーす。